Frontierレギュレーション

【基本ルール】
5人一チームのチーム戦です。(Fronteir Ⅰでは4人一チーム)

月に2回.隔週土曜日に開催します。(初月のみ月3回開催)
4か月を1周期とし、合計9試合総当たり戦をします。


【対戦開始の事前準備】
①各チームは、対戦日3日前までに、3名の選手を選出し、運営に報告します。
②各チームは、対戦日前日までに2つのレンタルパーティを作り、運営に提出します。

【対戦当日の流れ】
①各チームが準備した2つの構築を見せ合います。その際、技構成や持ち物は公開せず、ポケモンの種族のみを公開します。
②5分間の作戦タイムを取り、各チーム、最初に対戦する選手と、使用する構築を決定します。
③②が決定次第、PWを打ち込み、対戦を開始します。
④勝利した選手は以降の対戦も参加可能です。敗北した選手は以降の対戦には参加できません。
⑤再び3分間の作戦タイムを取り、②∼④を繰り返します。
⑥先に3勝し、相手チームの全員を対戦参加不可能にしたチームが勝利となります。

チーム順位は、①チームとしての勝ち数②各対戦毎の負け数の合計③オポネントの順に判定します。

【対戦ルール】
・Nintendo switch用ソフト「ポケットモンスターソード/シールド」のみ使用可能とします。
・対戦ルールは「開催日当日のランクバトルのレギュレーション」とします。
・対戦の勝敗は、ゲーム内の判定に則ります。

【回線エラーについて】
・故意に回線エラーを起こした場合、起こした側を負けとします。
・対戦が開始して、5ターン以内かつ、速やかに再現可能であれば、再現します。
・6ターン以上経過していた場合、もしくは再現が困難である場合は、選手と構築は変えずに再試合をします。選出の変更は可能です。
・明らかに勝負がついていたと判断された場合(HP1の最後の1匹のポケモンに、技を打っている最中で回線が途切れたなど)は、例外として、再戦をせずに勝敗を決定します。
・これらの判断は、チーム戦に参加していない中立の立場の運営が判断します。
・2回目の回線エラーは、回線エラーを起こした側の敗北とみなします。

【その他のルール】
・選手の連投は原則不可能です。ただし、チームメンバーが残り1名だった場合は連戦となります。
・構築の連投は可能です。
・原則として、メンバー提出後変更は認めません。当日1名が欠席した場合は、選手2名での出場となります。ただし、選手登録をしなかった選手が当日参加可能であれば、代わりに参加可能です。
・参加可能選手が1名になった場合は、対戦を延期します。
・12戦終了後、一位と二位のチームは後日優勝決定戦を行います。詳細は、後日連絡します。

何か不明な点がありましたら(@Frontier_pk)までお願いします。

“Frontierレギュレーション” への1件のコメント

  1. […] ○開催期間:2020年11月~2021年3月○内容:ポケットモンスターソード・シールドのランクマッチ「シングルバトル」の上位プレイヤーによる4チーム戦総当たり戦(上位2チームで後日最終勝戦)○大会レギュレーション […]

    いいね

Frontier Ⅰ – ~pokefro~ にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。